ログ

Blog

「マンションの寿命はいつまで?」

これから、マンションを買う人も、売却する人も気になるところだと思います。

マンションの建て替えは必要か?

築40~50年と経過したマンションなら、

「将来的な建替えは必要なのか?」

「買ってすぐ建替えになったら困るな・・・」 など気にされると思います。

 

耐用年数は物件の構造によって年数が定められています。

マンションは基本的に「鉄筋コンクリート」で作られており、その性質は、

 鉄筋:「引張力(引っ張る力)には強いが、圧縮力(押しつぶす力)には弱い」

 コンクリート:「圧縮力には強いが、引張力には弱い」

という性質を持っています。

 

鉄筋コンクリートはこの両者を組み合わせ、互いの弱点を補い合うことで

強い構造を作り上げているのが特徴になっています。

 

今のコンクリートの性能や建造技術、工法の進化によって、強度や耐久性はさらに向上しているため

、現代のマンションは、使われているコンクリートの質や、入居後に適切なメンテナンスを行っているか、

地震などの災害に遭ったことがあるかによってマンションの寿命が変わります。

 

 

「耐用年数(47年)がマンションの寿命ではない」

 

マンションの寿命は「47年」とよく聞くことがありますが、

これは、減価償却資産の耐用年数で鉄筋コンクリート造の建物の耐用年数が「47年」と規定されているからです。

 

しかし、この数値は建物が「減価償却をする耐用年数」のことで

「税法上、マンションの価値は47年で0円になる」ということを意味しているだけになります。

実際の寿命とは違いますので、ご注意ください。

 

国土交通省の調査によれば、コンクリート造の建物の寿命は120年

リフォーム等の延命措置を行えば最長で150年まで住み続けることができると分かっています。

 

最近は、100年マンションというキャッチコピーの分譲マンションも増えていますからね。

 

え!?そんなに長いの??と私もびっくりしています!!!!

 

確かに、100年以上前の鉄筋コンクリート造の建物がまだ存在するということは、

今の進化した鉄筋コンクリート造の建物であれば、納得の数値かもしれませんね。

 

しかし、鉄筋コンクリート造の建物ならば、どんなマンションも「100年以上もつ」というわけではないようです。

 

ポイントのひとつは設備配管関係(給水管や排水管、ガス管など)です。

 

設備配管関係の耐用年数はコンクリートの耐用年数よりも短く、

およそ30年程度で更新が必要になります。すでに寿命を超えているものがほとんどです。



昭和初期のマンションは、設備配管がコンクリートの中に埋め込まれていることが多いため、

交換することができずに、建て替えるしか選択肢がないというマンションが多いことが現状です。

 

古い施工方法で作られたマンションは、設備配管の寿命とともに、建物も寿命を迎えているといことですね!

 

そこで、30年前くらいからは「スケルトン・インフィル」という工法が主流になっています。

 

スケルトン・インフィルとは、建物の構造体と設備を分けて設計することで、

設備配管をコンクリートに埋め込まないでパイプスペースに設置する設計のことを言います。

 

そうすることで、設備配管の修理・更新を簡単にできるようにして

マンションの寿命を長くできるようになっています。

 

日本には、木造建築でも1000年以上使い続けている建造物がいくつもあります。

そう考えると、細かなメンテナンスをすることで長生きさせることができるとわかります。

 

人間も一緒で、日々、心と体のメンテナンスをしていれば、やはり長生きできますからね。

会社案内

サイプレスエステート合同会社

〒8120044
福岡県福岡市博多区千代4-29-65
第3ファイブビル 201号

TEL 0800-888-2823(通話無料)

FAX 092-631-6334

営業時間:
10:00-18:00
定休日 :
年中無休
お問い合わせはこちら

宅建免許番号:福岡県知事(1)第19303号